2015紫空連空手道選手権大会

昨日ぱ吹田の洗心館にて行われた紫空連空手道大会に
当道場より12名の拳士が出場しました。

DSCN5420

DSCN5422

DSCN5427

試合前に、ポイントルールでも
攻めの気持ちが大事だという話を
選手たちにしましたが、その点が勝負の分かれ目となる
試合が多くありました。

DSCN5453

DSCN5471

DSCN5474

勝つ選手は攻めてポイントを取りに行ってましたが
敗れた選手は、ポイントを取られないように守ることや
後ろに引いてしまうというパターンが多かったです。

これは、テクニックもさることながら
普段からの意識が大きく関わっています。

試合場に着いたら、自分の先生は当然ですが
他流の先生にもあいさつに行く

試合が終わったら、師範や先生に報告をする

試合後、相手の選手の所にあいさつに行く

応援をしてくれた天志ファミリーの保護者の方々に
「ありがとうございました」とお礼を言う

そうした、自分から積極的にあいさつやお礼に行ったり
自分のためだけに闘うのではなく
相手選手を敬い、応援してくれるお父さん、お母さん
道場の仲間たちに感謝の心を持って闘うことができているか。

本当に強い選手は、そういうことがキチンとできています。

礼節を持って行動し、勝っても負けても、
自分の思った組手ができたのかを振り返り、
また稽古で技を磨いてチャレンジを重ねていくところに
心技体の成長があります。

今回、そうしたことがキチンと
出来ていなかった選手が多くいたので
試合後には、少し厳しいことを言わせてもらいましたが
試合は単に勝ち負けを競うだけのゲームではありません。
自分自身が強くなっていくための修行の場であり、
試合を通じて道場生を立派な人間にしたい
というのが当道場の考え方です。

今回は、中上級の子たちか多く出ていたので
まず先輩たちが、背中を見せて
これから試合に出てくる初級の子たちを
引っ張っていってもらいたいですね。

選手のみなさん、お疲れさまでした。
また、大会主催の顕正会館・中山館長、
スタッフのみなさま、応援にきていただいた
天志ファミリー、一般部のみなさんに
心よりお礼申し上げます。
【大会戦績】

小学生女子3,4年の部 準優勝 セリ 3位 ヒナノ、リナ

小学生6年の部 優勝 ショウキ

一般青年の部 3位 タケナカジョウヘイ

一般女子の部 3位 ナイトウヒロコ

奨励賞 マコト、シュウマ

DSCN5519
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

秋の新規入会キャンペーン実施中
入会金無料!! (11月末まで)
※お問い合わせ先 TEL 06-7162-2988(代表・竹中)

空手道 天志道場公式ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.s-hearts1.com/tenshi.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です