内藤先生ストーリー②

武道・格闘技の経験ゼロ

普通のお父さんだった内藤先生が

空手を始めたきっかけは

当時息子2人が通っていた当道場での

親子稽古会への参加でした

 
※当時の写真。隣の長男・ダイキは高校生になり
今では内藤先生の体格を追い越してます(^_^;)
↓↓↓↓↓

 

稽古内容は、基本、ミットを

子どもたちと一緒にやった後

組手では、僕が順番にお父さんお母さんの

相手をしました

 
稽古はやってみると、意外とハードで

「子どもたちって、こんなキツイ稽古をやっているんだ!」

ということがわかるものなんですね

内藤さん(※当時)もそうで

汗だくになり、息が切れはしましたが

今までにない清々しさを感じたそうです

 

そして、最後の組手では

『師範からの「遠慮せずに、思い切り打ち込んでいいですよ!!」

との言葉に、とにかくガムシャラに突き蹴りを繰り出したのですが

その時、メチャクチャ、気持ちいい~っ!!

という感覚と、全身に電気が走ったんです!!

それでもう、一発で空手の虜になりました!!』

と、当時の思い出を話す内藤先生

 

そこから本格的に空手を始めようと

正式に一般部に入門をしました

 

※回し蹴りもまだまだぎこちないですね

※久美子先生に、帯の結び方を教えてもらっています

 

本格的な空手ライフのスタート

しかし、そこから様々な試練が待ち受けていたのでした。。。

 
つづく

 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

春の入会キャンペーン ※5月末まで
入会金無料&オリジナルTシャツプレゼント!!
※お問い合わせ先 TEL 06-7162-2988(代表・竹中)

空手道 天志道場公式ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.s-hearts1.com/tenshi.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です