能力アップに必要な栄養素とは

秋の入会キャンペーン ※11月末まで
入会金無料&オリジナルバッグプレゼント!!

【道場生募集中!!】
キッズ(園児)・少年部・一般部
がんばれ、自分!! 負けるな、自分!!
天志道場は、がんばるあなたを応援します

「道」を伝え、人を育てる
豊中市夕日丘の空手道場 天志道場

※お問い合わせ先 TEL 06-7162-2988(代表・竹中)

空手道 天志道場公式ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.s-hearts1.com/tenshi.htm

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

能力アップ、健全な肉体と精神の形成に
必要な栄養素がカルシウム。
今回はそのその働きについての解説です。

カルシウムの働き
↓↓↓↓↓↓↓↓
カルシウムが体内で栄養素として働く時には、
以下のような例があげられます。
いずれの場合も、身体の活動の根本に関わる
大きな働きをしています。

★役割1 骨や歯をつくる
栄養素としての役割の代表例に、骨や歯を作る事が
あげられます。私たちの体の中に有るうち、
なんと99%もの量がこれら2つの部位にまわります。
特に骨の場合は、その主成分でもあるため、
丈夫な骨を作るには摂取がかかせません。

★役割2 心臓、筋肉、神経伝達を円滑にする
残りの1%のカルシウムが、心臓や筋肉、神経伝達組織の
働きを円滑にするために使われます。
例えば、心臓の場合には脈拍のリズムを
一定にキープする働きをし、筋肉の場合にはその収縮に
関わってきます。
また、ケガなどにより血液を固めるのも、
働きにより所が有るのです。
人間の体の中に1キロほど存在しています。
これらのカルシウムは、最初に小腸から血液へと吸収されます。
この段階で、すぐに使われるカルシウムは
その必要箇所へと運ばれ、残りの大部分は一旦骨へと
流れ蓄えられます。
この流れそのものが、骨の形成ということができます。
ちなみに、体内で不足が起きると、骨にあるカルシウムが
必要とされている器官に向かう仕組みになっているため、
カルシウム不足が骨をもろくする原因にもなるのです。

★働き3 体液を弱アルカリ性に保つ
人間は約70%が水分でできていると言われます。
その体液は弱アルカリ性なのですが、日中の活動で
酸性化してしまいます。
そして、寝ている間に、体内のカルシウムイオンを使って
もとの弱アルカリ性に戻そうとします。
しかし、睡眠時間が短かったり、カルシウムが不足していると、もとの弱アルカリ性に戻らずに酸性化したままで
朝を迎えてしまいます。
酸性化したまま朝を迎えると、寝起きがつらく感じます。
また、体内が正常に機能しなくなり、
生理不順などの諸症状が表れます。

★働き4 細胞のスイッチ役となる
また、カルシウムは体内の細胞のON・OFFのスイッチ役に
なっています。血中のカルシウム量は、恒常性により一定を
保たれていますが、カルシウムが不足すると、脳の指令により、骨に貯蔵されているカルシウムを溶かしだし血中のカルシウム
不足を補おうとします。
しかし、その際の溶解カルシウム量が多すぎるために、
血中のカルシウム濃度が高くなってしまい、ON・OFFの
スイッチが連続して入ることがあります。
これが筋肉で起こると、『足がつる』や
『痙攣』・『チック症状』などが顕著に現れます。

★空手世界チャンピオン、多くのトップアスリートも愛用する
おすすめ
コンディショニンググッズはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
『天志道場・オンラインショップ』
https://tenshidojo.thebase.in/

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村


空手ランキング

『天志道場・オンラインショップ』
天志道場グッズ、コンディショニンググッズ
などが購入できます
https://tenshidojo.thebase.in/

『天志道場・オンライン空手講座』
天志空手道のテクニック、鍛錬、
トレーニング法、心法のオンライン学習講座
https://filmuy.com/tenshidojokarate

★岡町道場ブログ http://tenshidojookamachi.blog.fc2.com/
★中豊島道場ブログ http://tenshidojonakate.blog.fc2.com/
★新千里道場ブログ http://tenshidojoshinsenri.blog.fc2.com/
★高川道場ブログ http://tenshidojotakagawa.blog.fc2.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です