壁を乗り越えるからこそ

昨日の少年部では、3名の組手審査を行いました。

DSCN1158

組手審査の時は、少し厳しめの相手を当てるようにしています。

そこは勝負を見ているのではありません。

DSCN1160

技をもらったり、押されたりするのは当たり前のこと。

その相手に対して、どこまで食い下がるか

絶対に昇級するんだ!という想い

そうしたハートの強さを見ているのです。

その気持ちがしっかり出ている子は

昇級しても気持ちを抜くこともありません。

DSCN1163

苦しい思いをして壁を乗り越えるからこそ

新しく締めた色帯としてのプライドも育まれていくものです。

その帯に相応しい空手家になるのは

これからの稽古の頑張り次第。

新たな気持ちで精進していきましょう!!

DSCN1167
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

稽古は明るく楽しく、時には激しく
「人を育てる」豊中市夕日丘の空手道場 天志道場
見学・体験随時受付中!!
※お問い合わせ先 TEL 06-7162-2988(代表・竹中)

空手道 天志道場公式ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.s-hearts1.com/tenshi.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です